スカディ660ロータ化計画 第4話2010年05月04日

OS MAX-55HZ HYPER

全ての写真をクリックすると拡大します。

小生のスカディ50HPMも、ただ飛ばしていてはつまらないので
自分なりに『プロジェクト』 改造の挑戦者達を演じてみました。


第4話は『エンジンのパワーアップ』を紹介します。

OS MAX-50SX改(61SX-WCキャブ仕様)では、縦ものの演技が
物足らず、思い切ってエンジンを交換してみました。
表紙の写真が搭載された状態です。

エンジンは OS MAX-55HZ HYPERに交換しました。

●5月2日フライトから帰宅して
 行きつけのラジコン屋に電話したら、何と台数限定で2万円を
切る価格で販売している事を聞き、直ぐに行って買ってきました。
 その日の晩に搭載して、リンケージの変更をしました。

●5月3日午後3時に飛行場に到着
 凄い風の中、早速慣らし開始。
 説明書通りのメインと中速共に2回転開きから開始
 (中速2回は開き過ぎの気がしますが?)
 半タンク毎にメインを3コマづつ絞って、途中から2コマ絞りで行
いました。
 アイドリングでのエンスト問題が解決しない・・・(@_@;)
 エンスト問題を持ったまま、アイドルアップまで試しました。
 着陸はエンスト覚悟のオートロ。
 (660mmのローターですがら、オートロの浮きは安心です)
 どうしてもアイドリングで、エンストに悩まされたまま本日は帰宅。
 夜に中速を1-1/4に変更、スロットルリンケージの変更をしてみ
て、明日の現場調整待ち。

●5月4日午後3時に飛行場に到着
 中速ニードルとエンコンリンケージ変更の効果により、ホバリング
も・上空も良い感じになってきました。
 相変わらず、時々アイドリングでエンスト・・・(^_^;)
 ガマンをして絞っていなかった、スローを5分絞って何とか落ち着
いたけど、納得いかず。
 そうそう、エンストの特効薬、プラグ交換を思い出し、予備のエン
ヤ3番に変更したら、エンジンを掛けた時から快調です。
 調子が良いので、スローを元の位置に戻しましたが問題なし。

☆快調です。
 ホバリングも座りが良くなりました。
 上空ストレートも力強く快調です。
 縦ものの演技もエンジン負けしないで登ります。

☆本日終了時点でのニードルは
  ・スローは、出荷通り、5分右
  ・中速は、1回
  ・メインは、1-1/4回

☆これで、長さ660mmのローターを問題なく回してくれます。
 ローターはハイプロ製、対象翼、翼端へ向かって幅は狭くなる
タイプです。 ローター名は、もらい物なので分かりません。
 確か昔3D用に発売した記憶があります。

~~これでスカディ660ローター化計画は、成功です!~~

また遊びに来てください。

===<Team RotaryWing芳賀通信>===

復活エアースキッパー2010年05月16日

復活エアースキッパー

全ての写真をクリックすると拡大します。
麦畑の奥に会長が・・・!(^^)!

一般にラジコン関係のHPでは墜落機体の写真がお馴染みですが、
復活した機体を公開し、新たな気持ちでチャレンジしてもらう為の
公開です。


5月は2人が同日に連続2日で合計4機落ちました。
今回は、その中で僅か1週間半で復帰した2機体の代表機体を
写真で紹介します。
この会員は通常半年掛かって復帰していたのに凄い事です。

本日は機体調整も完了し、本人も大満足そうでした・・・(^^♪
しかし、キャビンの前側に泥跡による黒い汚れを発見・・・(^_^;)
キャビンも掃除しましょう。

★~~~ 事故調査委員会より ~~~
①エアースキッパー原因は、腕トラ。
 ・低空で下向きにロールしため、立ち直らなかった。
 ・もう少し高度を上げて飛ばす練習を強化しましょう。
②フレイヤーの原因は、整備不良。
 ・電池の上に受信機を載せ両面テープで固定。
 ・機体と電池の間はスポンジを挟みベルト掛け。
 ・長年の振動とストールターンによる遠心力などにより、電池が
  前方にズレ、余裕の無かったジャイロとラダーハーネスが外れた。

★皆さんへ水平展開
 メカ搭載の見直しをして同じ事故を起こさないようにしましょう。
 汚れていない機体は整備不良による事故が少ないです。
 それは、帰宅後ヘリを掃除しながら機体の状態が自然と観察
 できるからでしょう。
 キャビンも外して掃除していれば、見つかったかもしれませんね。
 未然防止に努めましょう。ネジの定期増し締めもお忘れなく。

下記ではクラブ員を紹介しています。
所有者は下記をクリックすると分かります。
===<Team RotaryWing芳賀通信>===

また遊びに来てください。