パート4: 『大切にされています・・・♪』2009年03月19日

大切にされています・・・♪』

全ての写真はクリックすると拡大します。


3月15日 ツインリンクもてぎへ行って来ました。

『スーパー耐久シリーズ2009 第1戦もてぎスーパー耐久』
合同練習会にて



●パート4
 レース観戦を終えて、ホンダコレクションホールを見学してきました。
レポートを公開いたします。

☆表紙タイトル : 大切にされています・・・♪
 この車は国民車・・・『スバル360』です。
 ホンダコレクションの1台として大切にされていました。
 宜しかったらスバル博物館よりスバルの歴史もご覧下さい。


☆タイトル : 元祖Cub
 1952年に“白いタンクに赤いエンジン”で親しまれた自転車用補助エンジン。
販売価格、当時の2万5千円は結構高価だったと思います。
1952 / ホンダ カブ F型


☆タイトル : お出迎え
 入り口に入ってお出迎えしてくれるコレクション達です。
 ①白いボディに日の丸をつけたレーシングカーは
  F1世界選手権、第6戦ドイツGPに初の国産F1マシンです。
  V型12気筒横置DOHC、1,495cc・・・凄いな!
 ②白いオープンカーは、HONDA S500 です。
  ホンダ初の市販乗用車。このスポーツカーで四輪車メーカーに参入。
  直列4気筒DOHCチェーン駆動、531cc
HONDA Collection's


☆タイトル : 近未来カー
 外国の来るまで、前を開いて乗り降りする変わった車です。
 車種名は忘れました・・・ごめんなさい(^_^;)
 後姿は・・・近未来カーに見えませんが?
 ちょっとマンガ『スーパージェッター』っぽいかも・・・(^^♪
近未来カー


数回に渡って写真を公開していきます。
お楽しみに・・・♪

スバル ファン!ファン! フェスティバル2008年09月14日

スバル コミュニティ メンバー 集合写真

全ての写真はクリックすると拡大します。


今日はSUBARU発売50周年記念イベント
に行ってきました。

イベント名は
 『スバル ファン!ファン! フェスティバル
  IN うつのみや ろまんちっく村』 です。

★場所はこちら

★イベント内容
 ・メインイベントは2007年PWRCドライバーズチャンピオン
  新井敏弘選手によるラリーカーのデモラン

 ・電気自動車の同乗、現行車の試乗、オークションなどが行われ
  た。


参加レポート
 ・洞爺湖サミットに使われた電気自動車の同乗体験に参加
  音も無く素早い加速感にビックリしました。
 ・新井選手によるラリーカーのデモランを観戦
  ●第1デモランは、シャッター優先1/500秒で撮影しました。
   動いている車ですから確実な結果を出すためのシャッタスピードです
   が動きが止まってしまい、いまいちな気がします。
   でも連写は楽しいです。(1秒に4コマの連写を選んだ)
  ●第2デモランは、シャッター優先1/80秒で流し撮りに挑戦しました。
   直線的な動きじゃなくドーナッツスピンをするため、ピントが合いにく
   い。 でも合った時の流し撮り感は迫力満点でした。

★ピックアップ写真集
●流し撮りに挑戦
流し撮りに挑戦


●タイヤから白い煙がモンモン
タイヤから白い煙がモンモン


●2007年モデル インプレッサーWRC フロントビュー
2007年モデル インプレッサーWRC


●世界のPWRCチャンピオン新井選手トークショーとオークション
 オールションでは珍品の右フロントペンダーが3万円を越える値段がつきました。
 新井さんは価格引き上げに待ったを掛けたが、熱いスバリストはまだまだとここまで引き上げてしまった。
世界のPWRCチャンピオン新井選手


●電気自動車の同乗体験
 電気自動車『プラグイン』は家庭用100Vで充電出来、約80km走るそうです。
 今だと電力会社などで無料で充電出来るそうです。
電気自動車


●販売50周年記念の立役者
 国民車スバル360ナンバー付きの展示です。
 50年まえからスバルのサイドラインはナイスバディでした。
 現行インプレッサーWRX STIもナイスバディですよ!
国民車スバル360













つづきます

写真拡大のためスペースをとっています






★新井選手のデモラン特集

   フルサイズスライドショーはこちらから
   スライドショーにカーソルを置くと(クリック不要)記号が表れます。
   中央の左下のSIZEをクリックするとフルサイズで見られます。


★撮影した写真のスライドショー

フルサイズスライドショーはこちらから
スライドショーにカーソルを置くと(クリック不要)記号が表れます。
中央の左下のSIZEをクリックするとフルサイズで見られます。

スバル ファン!ファン! フェスティバル
 実施レポート
はこちらから
こちらのサイトにもマイフォトとレポートをアップしています。

ANA機体メンテナンスセンター見学2008年07月28日

ANA機体メンテナンスセンター

7月28日(月)、東京羽田空港に隣接する
ANA機体メンテナンスセンターを見学してきました。

 現地へは東京モノレールに乗って
モノレール浜松町駅から新整備工場駅下車
徒歩約15分です。。。暑い中の徒歩はつらかったです。
 この日は運が良く子供たちの夏休みとあって、モノレールの乗り放題
『モノレール・ポケモンラリー 1dayパス』がなんと大人1人700円で発売され
何か得した気分になれました。通常片道470円ですからかなりお得です。


★見学の内容
 1.飛行機と整備についての説明
   パンフレットが配られ、司会の方からクイズ形式でこの工場や飛行機の整備
  について質問が出題され回答者は参加者全員で時々主に小学生を対象に行
  われました。
  正解すると景品が貰え、ハズレても残念賞のステッカーがもらへダブルことなく
  多くの参加者をさしていました。
 2.整備関連のビデオ上映
   主な機体製造メーカーであるBoeing社シアトルの組み立て期間約5ヶ月を5分
  で早送りし機体が組み上がっていく様子を見ることが出来ました。
 3.整備作業中の飛行機の見学
   机上講義の後、お待ちかねの実機見学が焼く45分見ることが出来ました。
   この日は旅客機を輸送機に改造した珍しい機体がドックインされていました。
  確かに良く見ると窓が塞がれており、改造はアメリカで行われたそうです。

★撮影した写真をスライドショーでご覧下さい。

筑波宇宙センター2008年05月10日

筑波宇宙センター

 今日、JAXA筑波宇宙センターを見学してきました。

 初めての航空宇宙研究開発機構(JAXA)の見学に気持ちは”わくわく”でした。
 ・・・ ヽ(^o^)丿
 学校の団体さんがバス1台で訪れた以外は空いていたのでラッキーでした。
 JAXAZONE、ロケットZONE、人工衛星ZONE、国際宇宙ステーションZONE、『きぼう』日本実験棟ZONEがあります。

 入場は無料、日・祭日も見学できます。
 ツアーに申し込むと色んな体験が出来るようです。今回は時間が無かったので申し込まなかったので、次回体験したいと考えています。
 詳しくはhttp://www.jaxa.jp/visit/tsukuba/
 
 
1、ロケットZONE
  下から眺めたH-ⅡAロケット模型


  1975年に打ち上げたN-1から最新のH-ⅡBロケットの1/20模型が勢揃いです。


 実物のLE-7ロケットエンジンに触る事も可能です。
 このエンジンは747ジャンボジェットを5機だか7機だかを持ち上げる推力があるそうです。
正確な機数は忘れちゃいました。 ・・・ (^_^;)


3、人工衛星ZONE
 奥が”衛星ひまわり1号の予備機”と手前が鏡を照らして定点観測する”あじさい”


4、国際宇宙ステーションZONE
 JAXA宇宙飛行士


  宇宙服を着た次期宇宙飛行士候補です。